受付は診療時間終了の30分前迄です。
※往診は応相談となります。
休診:水曜、日曜、祝日

:9:00〜12:30

:15:00〜19:00

:16:00〜19:00

上記以外の時間でも内視鏡検査は随時行っております。予約制となっておりますので、お電話にてご相談ください。


〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-925
TEL:044-431-8833

最寄駅:武蔵小杉駅より徒歩2分
駐車場:2台分完備しております

武蔵小杉駅徒歩2分 こすぎ駅前クリニック

顆粒球吸着療法

当院では、難治性の慢性の腸炎である炎症性腸疾患(IBD)の経験が豊富で、顆粒球吸着療法に対応しております。

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患とはIBD(Inflammatory Bowel Disease)とも呼ばれ、長期に下痢、血便が続く原因不明の難治性の慢性の腸炎です。
潰瘍性大腸炎(UC = Ulcerative Colitis)・クローン病(CD = Crohn’s Disease)の2疾患からなります。潰瘍性大腸炎(UC)とクローン病(CD)はともに、厚生労働省より特定疾患に指定されています。

症状は通常の食中毒などと異なり、数日でよくなることはなく長期にわたり(多くは一生涯)、よくなったり悪くなったりしながら症状が続きます。残念ながら完全に治ることはありませんが、症状が緩やかなときは、治療を受けながら、普通の生活を送ることも可能です。

当院では、IBDの患者様が少しでも快適に生活が送れるよう、診療にあたってまいります。

潰瘍性大腸炎(UC)とは

潰瘍性大腸炎は、20歳代を中心とした若年者に好発し、主な症状は下痢、血便、腹痛などです。長期におよぶため適切な治療がおこなわれず放置されて脱水、栄養不良となる人もいます。
軽症の潰瘍性大腸炎 (直腸炎型)は直腸からの出血が唯一の症状となります。直腸の出血と痔の出血の区別は難しく、しばしば痔と誤診されます。

クローン病(CD)とは

クローン病は10~20代の若年者に好発し、口腔から肛門まで全消化管に病気が発生するのが特徴です。
通常は小腸と大腸が侵されることが多く、小腸型、小腸大腸型、大腸型の3型に分類されますが、肛門部が侵されることもしばしばあります。

大腸型クローン病の症状は基本的には下痢、血便、腹痛などです。
小腸型クローン病は診断が困難なことがあり、「食事をするとお腹が痛くなり、食事をしなくなり、やがて栄養失調でやせてくる」という経過から「神経性食欲不症」などと誤診されることがよくあります。
また、クローン病の特徴として肛門病変(肛門周囲膿瘍や痔ろう)を合併することがあります。痔ろうで肛門科行ったら、実はクローン病だったということも少なくありません。

特定疾患とは

難病のうち、症例が少なく、原因不明で治療方法が確立しておらず、後遺症を残して社会復帰が困難になるもの、医療費も高額で、慢性化・長期化によって家族の経済的・精神的負担が大きくなるもの、その上症例が少ないことから、原因究明、治療法の確立に向けた研究が行われている
疾患を「特定疾患」と定義しています。

現在、難病は130疾患あり、そのうちの特定疾患に指定されている56疾患は、医療費の公費助成があります。
潰瘍性大腸炎とクローン病は、この56疾患に入っています。

難病とは

  1. 原因不明で治療方針未確定であり、後遺症を残す恐れが少なくない疾病
  2. 経過が慢性にわたり、単に経済的な問題のみならず、介護等に著しく人手を要するために家族の負担が重く、また精神的にも負担の大きい疾病
    (昭和47年の難病対策要綱より)
pagetop

顆粒球吸着療法

顆粒球吸着療法は炎症性腸疾患(IBD)に対して使用可能で、炎症を鎮める効果があります。
ストレス社会といわれる現代。投薬等で痛みが取れないという方は、一度ご相談ください。

顆粒球とは

細胞質には顆粒球は白血球の約60%を占め、外から入ってきた細菌やウィルスなどから体を守るなどの、殺菌作用を持つ顆粒が存在しています。しかし、炎症性腸疾患の患者さんの腸には、白血球(特に顆粒球)が集まり、本来守るべき自分の体の一部である腸を攻撃します。これにより、潰瘍を悪くしたり、治りを遅らせたりするため、除去が必要になります。

治療方法

血液の一部を一旦、体外へ連続的に取り出し、顆粒球を選択的に除去する医療機器(顆粒球吸着器)に通し、その後 血液を体内に戻します。
この血液を体外に取り出す治療法は体外循環療法と言い、日本や欧米では、いろいろな疾患や難病で数多く行われています。
治療は基本的には1回約60分です。この治療を5~10回実施します。